今日の子どもたち

2021年10月14日

3歳児桜組 おたのしみ保育(園外保育)

今日の子どもたち

令和3年10月14日(水)、桜組のおたのしみ保育が行われました。
朝から「先生、晴れたよ。お散歩に行けるね。」「お弁当持ってきたよ。」と笑顔で話をする姿が見られました。
保育室で絵本を見て、「ペンギン公園にどんぐりあるかな?」「綺麗な色の葉っぱが欲しいな。」と話し、秋の自然探しに期待を膨らませていました。

出発前に、自分で靴を履きます。
友達と左右を確認する姿もありました。
自分のことは、自分でできるようになってきましたね。

園庭に集まり、いくつかの話を聞いた後、みんなで「力ためて」をしました。
 

幼稚園を出るとき、松A組、梅B組のお友達がお見送りをしてくれました。
元気よく「行ってきます。」と手を振り、幼稚園を出発しました。

友達と手を繋いで、ペンギン公園へ歩いていきました。
列を乱さないように気を付けたり、地域の方々に「こんにちは。」と挨拶をすることができました。
 

無事にペンギン公園に到着し、先日作成したオリジナルのおさんぽバッグを持って、色々な「秋」を探しました。

 

丸くて大きなどんぐり、黒くて細いどんぐり、どんぐりの帽子…
落ち葉や木の実もたくさんあり、お気に入りの「秋」を見つけ、おさんぽバッグに入れました。
  

大きなミミズや、モンキチョウ、キハテタ、大きなクモの巣も見つけました。
秋探しの他には、かけっこをして遊びました。
   

幼稚園に戻った後は、園庭でお弁当を食べました。
シートは松A組のお兄さん、お姉さんが広げて準備してくれました。
松A組さん、ありがとうございました。

戸外で食べるお弁当はとってもおいしかったですね。
    

おなかがいっぱいになった後は、園庭で遊びました。
園庭にも様々な落ち葉があることに気が付き、落ち葉を使って遊んでいましたよ。
 

お土産に、犬の帽子を被って帰りました。

秋の宝物をたくさん見つけられた、特別な一日になりましたね。
明日からも友達と「秋」を感じながら仲良く遊びましょうね。