今日の子どもたち

2022年08月08日

【5歳児 松組】夕涼み会

今日の子どもたち

令和4年8月6日(土)、夕涼み会が行われました。

『夕涼み会』は5歳児松組が夕方に登園し、様々なことを経験できる特別な行事です。
楽しみすぎて、昨晩なかなか眠れなかったお友達もいたようですよ。
普段と違う登園時間、制服ではなく浴衣や甚平での登園など、特別な雰囲気に少しドキドキしている様子でした。

登園すると、縁日遊びをしました。

【園長先生の『びーだまぴたごらす』】
園長先生と3つのビー玉を転がします。
「コツン!」と、ビー玉が当たって面白かったですね。

【わなげ】
すみっコぐらしやピカチュウのピンに輪を投げます。
いつも幼稚園バスを運転してくれている運転手さんのピンもありましたよ。

【おくちにぽん】
動物たちがお口を開けて待っていますよ。
お口めがけてお手玉を投げます。

慎重に狙いを定めていました。


遊んだ後は、お待ちかねの夕食です。
みんなでカレーを食べました。

感染症対策のため、少人数に分かれての食事、黙食ではありましたが、いつもの給食とは違う雰囲気でおいしくいただくことができました。


食事が終わり、遊戯室に松組全員が集まりました。
みんなが書いた手紙が、インディアンさんのところに届き、お返事が来たことを教えてもらいました。
手紙は英語で書かれていたので、園長先生に読んでもらいました。


手紙には、「『なかよしの火』を幼稚園に届けた」と書いてありました。
そこで、みんなで園庭に探しに行きました。


「あそこがあやしいなあ。」
「あかりはどこだろう。」


「あ!あった!!!」
砂場の藤棚が明るくなっているのを見つけました。
よく見ると、ランプに火が入っていました。

「インディアンさんありがとう!」
実際に会うことはできませんでしたが、みんなの思いがインディアンさんに届いてよかったですね。


さあ、いよいよ夕涼み会の始まりです。
初めに、火についての話を聞いて、『なかよしの火』にお願いごとをしました。


インディアンさんからもらった『なかよしの火』をつけ、キャンプファイヤーが始まりました。
みんなで『キャンプファイヤー』の歌を歌いました。


次に、パンダ組・桜組・梅組の先生方が劇を見せてくれました。

みんなが梅組のとき、たのしみまショーで行った『ヘンゼルとグレーテル』のお話でした。

一緒に踊ることができてよかったですね。

そのあとはクイズ大会です。

火についての三択問題で、少し難しい問題もありましたが、楽しく答えることができましたね。
火についての知識がまた増えました。


次に、花火を見ました。

手持ち花火や噴出花火など、色々な種類・色の花火があって、とてもきれいでしたね。

みんな大喜びで、大きな歓声が上がりました。

最後にみんなで『今日の日はさようなら』を歌いました。
静かに消えていく火を見つめながら、楽しかった時間を振り返ります。

先生や友達と過ごした特別な幼稚園はいかがでしたか?
素敵な夏の思い出ができましたね。
おうちの方に、『夕涼み会』のことをたくさんお話してくださいね。