その他

2021年06月29日

聖火リレーさくら記念植樹式に園児が参加しました

その他

東京2020オリンピック・パラリンピック聖火リレーさくら記念植樹式が松戸中央公園で行われ、本郷谷健次松戸市長、木村みね子松戸市議会議長、(公財)日本さくらの会の渡辺博道理事、さくらの女王、相模台小学校の児童らとともに、本園園児3名が参加しました。

この植樹式は、聖火が松戸市に灯ることを記念し、後世に伝承していくために、(公財)日本さくらの会から寄贈された桜の木を植樹するというものです。

前夜から降り続く雨に開催自体も危ぶまれましたが、市長らのご挨拶が終わりいざ植樹の時間になると、まるで合わせてくれたかのように雨がやみ、晴れ間さえも見えるようになりました。

園児たちは多少緊張する様子も見られましたが、見事に大役を果たすことが出来ました。今はまだ小さな苗木ですが、やがては満開の花を咲かせ、未来を担う子どもたちの成長をいつまでも見守っていてほしいと思います。

なお、この植樹式の様子は、本日の千葉テレビの「newsチバ」18:00~18:25、21:30~21:55に放映予定です。